FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習塾の授業料が高額な理由

それは消費者側である塾生徒とその親が高額な授業料を適正価格と誤認していると考えられます。
塾側は本来ならば、現授業料よりはるかに安価に教育を提供出来るのですが、哀しいかな、受験産業と言われるように塾側は利益至上主義にひた走っておりまして、消費者の負担などお構いなしに高額な授業料を要求します。
もちろん、高くしすぎると顧客が減りますので、ある程度は価格が抑えられていますが、それでも原材料費(講師の給与、場所代、諸経費)から考えますと、まだまだ高いと言わざるを得ません。
おそらく経営者のピンハネが凄まじいのでしょう。
一時間当たり3000~4000円ぐらい平気でします(格安のデリヘルじゃないんですから)。
要するに、消費者側が現在の受験産業の授業料の相場を「こんなものだろう」と疑問を抱きつつも黙認していることが、この問題を助長する一番の原因と思われます。
この問題を解決するには消費者側が授業料値下げを要求する何らかの運動を起こす必要があります。
それは不買運動でもいいですし、あれこれと授業料について口出ししてもいいです。
とにかく、この受験産業というのは日本の闇です。
例外はありますが、今の日本社会では所得が学歴を規定します。
よって、低所得者はいつまでたっても低学歴の呪縛から抜け出せないのです。
日本社会の迅速な改革が望まれます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。