FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔崇拝

この世には悪魔崇拝なるものが存在しています。
それは堕天使ルシファーを始めとして、多種多様な悪魔を崇拝するものです。
彼ら悪魔崇拝者は悪魔の喜ぶとされることを実行し、その見返りとして悪魔から富と権力が授けられると信じています。
世の中には様々な宗教がありますが、それらの教義はどれもが社会通念上、道徳的に正しいと思われるものとは限りません。
中には明らかに一般的には不道徳とされるような行為を推奨している宗教もあります。
具体的には、人や動物を生贄として捧げる残虐な儀式や、乱交パーティーのような卑猥な儀式、近親相姦、獣姦、同性姦、人肉食、生き血を飲んだり、生き肝を食べたり等の異常食、身体破壊、性器切除といったものが当てはまります。
世界には、こういうキチガイじみた行為を教義としている宗教も少なくありません。
そんなカルト的宗教の中でも特に異常で不道徳極まりないものが前述した悪魔崇拝であります。
そもそも普通の宗教が神や仏といった一般的には善とされるものを拝んでいるのに対し、悪魔崇拝は善とは真逆の悪魔を拝むのです。
これでは悪魔崇拝の教義が残虐非道で狂ったものになるのも当然といえるでしょう。
彼らは悪を行うことを使命としているのですから。
問題なのは、こうしたキチガイ宗教の信者がロスチャイルドやロックフェラー、皇室やバチカンといった世界的影響力を持った支配者層の中に紛れ込んで、それらを内部から操って様々な悪徳を世界に蔓延させているという事実です。
というか、前述の組織は操られているどころではなく、完全に悪魔崇拝者に乗っ取られています。
そもそも、皇室のトップである天皇自身が悪魔崇拝者ですし、バチカンのトップであるローマ教皇も正真正銘の悪魔崇拝者です。
残念ながら、これがこの世界の真実の姿なのです。
この世界は悪によって支配されているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。